即日審査・即日融資を賢く利用してお金をすぐに借りる方法を解説

MENU

即日お金借りる時のカードローンの選択方法と注意するポイント

お金借りる

お金を借りたい時は急いでいる時が多いですが、後の返済で困らないように
その時の自分にあった最適なカードローンを選ぶことが重要です。

最近では消費者金融キャッシング、銀行カードローン、クレジットカード会社が
乱入してカードローンサービスを選ぶのが混乱してしまうと思います。

カードローンサービスを選ぶ時の最重要項目を列挙!

どうしても即日にお金を借りたいなら大手消費者金融が最適!
プロミスやアコムといった大手消費者金融には即日審査・融資のサービスが充実していますので
即日にお金を借りたい方には最適です。
大手消費者金融を利用した方が即日にお金を借りられる可能性が高いです!

即日審査・即日融資が魅力の消費者金融キャッシングはコチラ!


返済も考慮してなるべく金利を下げたいなら銀行カードローンが最適!
銀行カードローンなら最大金利でも14%前後のサービスもも多く利息を抑えることが可能です。
しかも最大借入金額は1,000万円の銀行もあり借入限度額にも余裕があります。
じっくり最適なカードローンの詳細を詰めるには銀行カードローンが向いています。

低金利と余裕の借入限度額の銀行カードローンはコチラ!


自分に最適なサービスを選ぶと賢いカードローンが行えます!
◆とにかく急いでいるなら平日夜でも土日でも借りるサービスが充実の【プロミス】がオススメです!
キャッシングが初めてなら【無利息ローン】サービスがお得です!
女性の方で安心してキャッシングしたいなら【レディースキャッシング】がオススメです!
◆家族にキャッシングをしているのを内緒にしたいなら【モビットのWEB完結申込】が最適です!
WEB完結申込は【みずほ銀行カードローン】でも行われいます。銀行カードローンなので金利と限度額も魅力的です!
※まだ他にも便利なサービスがありますので参考にして下さい。

即日借りたい時は大手消費者金融を利用するのがベスト!

 
大手消費者金融には即日審査即日融資するサービスが揃っていますので
即日お金借りたい方で助かった方は多いのでオススメです。
特にサービスも充実していて即日審査もスムーズな会社は下記になります。

プロミス

プロミス当日借りられるサービス豊富!
平日14時過ぎても土日・祝日でも自動契約機でその日の内でも可能!
三井住友銀行orジャパンネット銀行で瞬フリ24時間クイック振込も可能!
プロミス プロミス

アコム

アコム最短30分で審査回答完了!
HPの3秒診断で融資判断スグ可能!匿名なので気軽に利用できます!
今なら30日間無利息サービスも展開中でよりお得に借りられます!
アコム アコム

モビット

モビットWEB完結申込で内緒に可能!
モビットのWEB完結申し込みなら電話連絡無し郵便物も無し!なので
安心して、誰にも内緒にキャッシングを進められます。即日融資にも対応!
モビット モビット


 

即日よりも金利、借入限度額が魅力なのが銀行カードローン

 
銀行カードローンの場合は何と言っても低い金利余裕の借入限度額が魅力です!
最近では即日審査にも積極的に対応していますが、即日よりしっかり内容検討したいです。
特に低い金利と余裕の借入限度額で人気のカードローンは下記になります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン余裕の利用限度額1,000万円
年金利も4.0%~14.0%と低金利!WEB完結申し込みにも対応!
利用限度額が200万円以下なら書類提出不要(みずほダイレクト利用中の方)
みずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローン

新生銀行レイク

レイク選べる2つの無利息ローン
選べる2種類の無利息ローンがあるのはレイクだけ!
平日14時までの手続完了で即日融資にも対応!
新生銀行レイク 新生銀行レイク

イオン銀行 カードローンBIG

専業主婦専用のカードローン!
年金利 は3.8%~13.8%と低金利!利用限度額も余裕の800万円まで!
最大金利が低いので100万円以下で借りる時の低い金利が魅力!
イオン銀行 カードローンBIG イオン銀行 カードローンBIG

 

お金を借りる時の大切なポイント

お金借りる 消費者金融 カードローン

お金が必要になる時って急な場面が多いですよね!

そんな需要に答えて最近では、即日審査・即日融資のサービスが増えています。
お金を借りたいと思った時に借りれる環境になってきています。

最近では銀行カードローン会社も積極的にキャッシング業界に参入してきているため、
従来からある消費者金融と一緒に様々なキャッシングサービスが繰り広げられています。

無利息ローンサービスやレディースローンサービスなど、
消費者に取って便利なサービスが沢山有りますが、選ぶのが難しかったりします。

そのため本サイトでは、キャッシングサービスの特徴をわかりやすく説明するとともに
安心してお金を借りることができる金融機関をを紹介していますので参考にして下さい。

[カードローンを選ぶ時に気を付けるポイント]

 ①信頼の置けるカードローン会社で借りる。 バックに銀行が居るのは安心材料
 ②返済のことを考慮してなるべく低金利で借りる。即日で無ければ銀行カードローンは魅力的
 ③返済方法など自分に取って便利なサービスを利用する。 [無利息ローン][レディースローン]など

お金を借りる時の注意点

お金を借りるポイント

最近ではキャシングサービスは身近になってきましたが、
それでも初めて消費者金融でお金を借りるのは不安と思います。

2010年6月に完全施行された賃金業法の改正
上限金利は20%に引き下げられています。

20%以上で貸付を行うと刑事罰になりますので
キャシングはますます利用しやすい環境が整えられてきています。

とは言っても金利の高い貸付を行う悪徳業者はまだ存在して
いますので注意は必要です。

お金を借りる時には本サイトで紹介しているような大手の
消費者金融から借りれば問題ありません。

[お金を借りる時にまず気を付ける注意点]
 ①大手の消費者金融機関から借りる名前も知らない会社から借りない
 ②返済できる金額を借りる返済計画が何よりも大事

☆計画的にお金を借りて、賢いキャッシングを利用願います。

【即日審査・即日融資】が魅力の消費者金融のキャッシングサービスはこちらから!

【金利と借入限度額】が魅力の銀行カードローンはこちらから参照願います!


お金を借りる時の判断基準

お金借りる

最近のキャッシング業界は、老舗の消費者金融から、銀行系のカードローン会社、
信託系のクレジットカード会社などの新規参入でサービス合戦が繰り広げられています。

借入側からすると、サービスがたくさんあって自分に最適なプログラムを選べるメリットはあります。
しかしたくさんあり過ぎると、迷ってしまうのも現実です。

キャッシングしているのに利子を払わなくても良い「無利息ローン」であったり、
申し込みから融資に至るまで全ての内容をインターネットで行ってしまう「WEB完結申込」であったり

実質金利が4.0%をも下回る低金利のサービスを提供する銀行系のカードローンなど
目移りしてしまって、返って決められなくなる心境もわかります。

キャッシングで迷ったらまず、自分にとって何が一番必要なのかを考え直して見てください。


最重要項目は返済のことを考慮して「金利」なのか、
どうしても急ぎで現金が必要なので「即日融資」が重要なのか、

他にも、人にお金を借りているところを目撃されたくない
秘匿性が最重要の方もいると思います。

サービスが沢山ありますので、欲張り過ぎるとわからなくなってしまいますが、

まずは自分なりのキャシングの優先順位を付ければ、
自ずと自分に合ったサービスが絞れて来ます。

キャッシングで大切なのは、借り過ぎないことです。

お金を借りたら返済するのは義務ですので、借りることばかり考えるのでは無く
返済方法もしっかり検討願います。

キャッシングでは「御利用は計画的に」が正しく適した言葉です。
本当にお金が必要な時はあるものですが、上手にキャッシングサービスを利用願います。

お金を借りる前に確認しときたい金融法令

 

キャッシング 法令

お金を借りる時には守らなくてはならない法律があります。
基本は消費者金融や銀行が金融関係の法律を遵守して、
各種サービスを展開していますが、個人で知っておく必要があります。

特に賃金業法は平成22年6月18日に改正されており、
お金を借りる上で制約が増えていますので非常に重要になっています。

金融庁 (http://www.fsa.go.jp/

日本の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者
その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務とし内閣府の外局として設置されています。

日本賃金業協会 (http://www.j-fsa.or.jp/

日本貸金業協会は内閣総理大臣の認可を受けて設立された自主規制機関です。

特に日本賃金業協会のサイトには賃金業法が改正されて変わった内容が
わかりやすく記載されていますので参考に願います。

賃金業法の改正 (http://www.0570-051-051.jp/

総量規制は特に重要ですのでしっかり確認願います。
借入総額は年収の1/3までしか借り入れできない
個人で借入できる上限は原則、年収の3分の一まで(ただし一部除外、例外での借入はある)
総量規制の対象は「個人向け貸付け」であり、個人がお金を借りる行為に適用される。
具体的には消費者金融は総量規制が適用されます。
銀行カードローンは銀行法が適用されていますので、総量規制は適用されないです。

配偶者貸付け(例外の貸付け)
専業主婦・専業主夫の方が総量規制の適用されている消費者金融などから借入するときは、
配偶者との夫婦関係を証明する書類の提出が必要です。

収入証明書の提出義務
総量規制が適用されている金融機関から50万円を超える融資を受ける場合は、収入証明書の提出が必要です。
加えて他の貸金業者からも借入がある場合は、貸付合計が100万円を超える場合も収入証明書の提出が必要です。

個人事業主の借り入れ
個人事業主が総量規制を超える融資を受ける場合は、賃金業者に事業計画、資金計画といった返済能力を証明する必要があります。

指定信用情報機関制度
内閣総理大臣が指定する指定信用情報機関に、全ての賃金業者は加入しなければならなくなりました。
指定信用情報機関には、(株)日本信用情報機構および(株)シー・アイ・シーの2社が指定を受けました。

これにより個人の過去の借入履歴と言った個人情報は全て一元管理されるようになったので、
借入審査は迅速で正確に行えるようになりました。

個人の利用者に取っては、借入会社を変えたからといっても情報は一元管理されていますので全て筒抜けです。
キャシングの申し込みは正直に行うのが一番正解です。

上限金利の引き下げ(グレーゾーン金利の撤廃)
出資法の上限金利は20%に引き下げられています。それ以上の金利での賃金行為は刑事罰対象になります。
それまであったグレーゾーン金利は撤廃されました。
これまで高い金利を払ってきた方は、過払い金返還請求が可能になっています。

キャッシング 法令

(参照元:日本賃金業協会


 

カードローンの審査に通りやすい人と通りにくい人の特徴を整理

お金借りる

カードローンは数ある借入方法でも特に融資が早いことで知られていますが、
やはり利用するためには審査条件を明確にしておくことでスムーズなキャッシングが可能になります。

カードローンの審査は即日に行なわれ、短時間に結果を知ることができますが、
やはりそこには審査が通りやすい人もいれば、なかなか審査が通らない人もいます。

審査に通りやすい人と審査に通りにくい人の違いはどこにあるのでしょうか?

カードローンの審査に通りやすい人の特徴

まず通りやすい人の条件としては、安定した収入を得ていることがあげられます。
カードローンを利用すると必ず返済しなくてはいけませんので、やはり仕事が安定していることは大事です。

まだ勤務年数も大きな指標になっています。
働き始めて間もない場合よりも、長期間同じ職場に勤務している人はそれだけ信頼度も高いと言えます。

さらに、これまでの借入状況、金融事故の属性も重要になります。
借入件数が少ないこと、現在の借入で遅延などがないこと、過去に債務整理を
行なっていないことなども通りやすい人の条件です。

カードローンの審査に通りにくい人の特徴

カードローンの審査に通りにくい人の場合は、勤務が安定していないことがあげられます。

短期間に転職を繰り返していたり、勤務してまだあまり期間が経っていない場合、
さらに仕事を持っていても収入が極端に少ない場合は審査は厳しくなる傾向があります。

さらにすでに多くの借入がある、返済で遅延を繰り返している、過去に金融トラブルを
起こしているなども信頼性を落とす原因となってしまいます。

審査に通りやすい・通りにくいまとめ
カードローンの審査に通りやすい条件の反対が審査に通りにくい条件になります。

個人属性はお金を借りたいと思った時にスグ改善できるものではありませんが、
イザというときのためにも常日頃から良い状態にしておくことが大切です。